arrow_down bg_bottom
BLOG
ブログ
2016/06/16

脳の熱が起因!?ストレートネックにご用心

 

DSC_0573

今日は世間で騒がれる首の奇病?について悩む方々へ向けて、希望を発信します!

ではいきます♪ド~~ンッ

 

 

ストレートネックをネットで調査!

 

昔からストレートパーマはお馴染みですが、近年増え続けるストレートネックについて調べると…

 

ふむふむ…なるほどね。

 

ご興味のある方は是非『ストレートネック』や『ストレートバック』で検索してみて下さい♪…と言いたいところですが、皆さんはすでにいろんな情報を頭に詰めこみすぎて正体の解明はもとより、いっそうその症状に苦しまされているかもしれません。。

なんたって、パソコンやスマートフォンが原因らしいですから!こちらではそのような方々に配慮してストレートネックの説明は割愛します!

 

 

ストレートネック状態と病気

 

そもそも生理的に自然なカーブを描くはずの首の骨がまっすぐになってしまうこの状態は、、、

 

とにかく首肩背中まわりの痛み、ときにしびれ、肩や背中のコリ、息苦しさや疲れなどを強く感じやすくなります。これらのことは、ストレートネックの方にとって書くまでもないですが…。

 

ただ注意すべきは、首や背骨における物理的な問題が生じることです。なかでも頚椎椎間板ヘルニアや頚椎椎間板症、長期間の慢性炎症が影響しておこるような変形性頚椎症や頚椎症性脊髄症には厳重注意です。

今後の生活動作にも大きな支障をきたす恐れがありますので、治療においては専門知識、医療技術をもつ医師の診察が第一ですね!

 

(専門家ぶる無知な施術家のゴリ押しは絶対に危険です)

 

 

ストレートネックの原因は本当に原因なのか?

 

世間では傾向や誘因、および要因のひとつが¨直接の原因¨として語られていることが少なくありません。

よくよく考えて、原因と言われるものがいくつあっても「自分にしっくり当てはまらない…」、けれどもなんとなしに「きっとこれのせいだ。」と無理やり思い込むことってありませんか?

 

そう、世間で騒がれる原因を強引に自分に当てはめようとするんで、かえって本質的な原因の追求がおろそかになることがしばしばある…と私は感じます。

 

それは多くのストレートネックという結果に同じく『日常生活』から作られるわけですから、自身の生活全体の¨見えにくい部分¨にまでフォーカスすれば本質的な問題も見えてくるはずです。

 

 

頭がアツアツで、身体はガチガチに!?

 

ここで私が経験から学ぶ、ストレートネックを治すための1つのヒントをぶっちゃけます。

 

それはすなわち…『脳ミソの熱』です。

 

なぜならば、脳ミソがアツアツになってしまうと、無意識に興奮状態になるので皮膚や筋肉や骨の周囲組織などが過度に緊張してしまい、頭から背骨にかけてのアチコチがこわばってガチガチになります。さらにこの状態は呼吸まで異常をきたします。

それは脳ミソという「神経の根幹」に問題が生じているからだと考えています。

 

背骨本来のカーブは骨の周囲の素材の柔らかさや動きが保たれてこそ存在するもの。もちろん姿勢の調整は¨脳¨と関連しますので、継続的な神経の過剰興奮によって意識的な姿勢のコントロールができなくなります。そういった一連の変化がストレートネック状態の一因と私は感じています。

 

…とはいっても、脳ミソアツアツ?ガチガチ?誰も脳ミソ鍋に入れて煮詰めてねえょ!?

 

と思われる方もおられるでしょうから、次は脳ミソがアツアツになる要因をあげていきます。

 

 

脳ミソに熱がこもる要因とは??

 

現代人は脳ミソをグツグツさせてしまう要素に囲まれている…。

 

私個人はそれを電磁波などの『過剰なエネルギー』だと捉えています。電磁波=エネルギー=熱をもつ、とか考えます。

 

つまりは…目や耳、皮膚、内臓、消化管など身体のあらゆる器官から脳ミソに伝わるエネルギーが過剰になってしまい脳ミソに熱がこもる。

または考え込む、思い悩む、興奮し過ぎるなどのエネルギーの発散不足で脳ミソに熱がこもる。(これは鬱にも関連か?)

他には、不自然な姿勢の継続によるやり場のない¨ストレス¨というエネルギーにより脳ミソに熱がたまりやすくなる。

よって、熱に弱い脳ミソに蓄電・蓄熱→首や背骨の回りの組織はガチガチに…というようなことが起きていると考えています。

 

そこで煮詰まる脳ミソを正常にするためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

ストレートネックをナチュラルカーブにしていくには…

 

そこでどうでしょう?

調べればいろいろ出てくるストレートネックの原因の数々。長時間の同じ姿勢?パソコン・スマートフォン?身体の使いすぎ?原因と言われるこれらに共通するものは一体なんでしょう…。

 

私は施術経験からも、頭にこもっている『熱』だと感じています。

 

長時間座ってパソコンを見ている。

その間、目からはずっとパソコンの光のエネルギーを受け続けていますよね。他にもアメフトなどヘルメットをかぶってどつき回すスポーツにも多いそうです。同じ姿勢でにストレスをためやすい人にも…。

やはり、電磁波、ヘルメット着用での過剰興奮、不自然な姿勢の継続でうまれるストレスなど脳のエネルギーが発散しきれない状況からストレートネックは作られているのかもしれません。

 

いろんなところで対策法があげられていますが、やはり頭にこもるエネルギーを逃がしやすくする運動や発散方法にある程度の成果があるみたいですね。

対処法に関しては申し訳ないですがこちらでは簡単に書かせて頂きます。

 

感謝すること、地球に放電すること、考えるよりも感じること

 

それらを意識的に行ってみてください♪

ちなみに当院では脳ミソの過剰エネルギーを¨根本的¨に発散できるような状態に近づけます。

 

あなたとカラダを変えていく。

福島総合整復院