arrow_down bg_bottom
BLOG
ブログ
2016/07/01

患者さんが減る意味と、本当の幸せとは?

患者さん減ってきたたので、

また新しい試みが必要になってきた。

 

「患者さん」が直ると、

症状は消えて、速やかに治っていく。

 

それと同時に、

人としての意識が高まっていく。

 

そのため、

自分自身も意識を高めて、よりいっそう幅広い視点で社会を観ていく必要が出てくる。気づいてしまったからにはそれが『役割』だと信じて、焦らず足元を固めて進んでいかないと転んでしまう。

 

今は、家族と一緒だから、ケガをしては生けないんだ。けれども、やるべきことを感じたらやらなければ生けないんだ。

 

 

自分の仕事において

目の前の『幸せ』を見るために、

目の前以外の『幸せ』を創らなければ成らないんだと。

 

だからこそ、人と人をつないで、お互いの本当の『幸せ』を確かめないと分からないんだ。

 

 

誰かの幸せのためには、

自分が幸せにならなければ生けないんだと

気づくんだ。

 

私の幸せのために、

あなたが幸せになってほしいと

願うんだ。

 

そうやってみんなの幸せが揃うと、

今よりも、もっともっと大きな『よろこび』がやってくるのだと、

 

信じて祈るんだ。

 

いつの日か、みんなで一緒に、

明るくそれに向かえるといいなぁ。

と、仕事に励むんだ。(笑)

 

あなたとカラダを変えていく。

福島総合整復院

images-23