arrow_down bg_bottom
BLOG
ブログ
2016/08/22

家族で過ごす、黒ひげパパのボンボンお盆。『お徳島編②』

阿波踊り

さんさんさん!!おてんとさまさま!!

さんさんさん!!ガンガン照りつける!さんさんさん!!

おてんとさまさまSUMMER~♪♪(ウルフルズの曲かな?笑)

 

ということで!

黒ひげパパ一家は、車中泊も毎年恒例なので、今年も淡路島にきて車内で一夜を過ごしました。

 

「当たり前のことを、当たり前にしない」

 

これは言葉に出さないけれど、父親の私が胸に留めている我が家の教訓でもあります。

それは普段できるけど、しないこと、面倒なことを、あえてやってみる。

言い換えれば、わざわざしなくていいことをたまにはやってみる、前もって損をする(笑)ということでもあり、後からそれはお得な体験だったりするわけです。

要するには、人間には必ず慣れがあるからこそ、”前もって”変化を起こすことで普通というありがたさに気がつく機会をつくるということでもあるのです。

 

トイレって、大抵当たり前にいけますよね?

朝起きて、ご飯を食べて、ゴロゴロして、飲み屋にいて、寝る前に、とかね?

車での移動、車中泊、どこにいっても本当にトイレが面倒なんです!!

黒ひげパパ一家は子どもが3人、みんな必ず同じタイミングでトイレに行きたくなるわけじゃない。

そこでトイレにいく大変さや面倒を痛感することで、家にトイレがある有難さがにじみ出てきます。

 

ところで、

小さい子どもはすぐに・・・「おしっこしたーい」と言い出します。

 

そこで私は・・・「またかよ~」「またかよー」、「なんでさっき一緒にしなかったの?!」と言ってしまうわけです。しかしそれは完全なる大人の勝手都合、子どもにとってはあまりに無理やりな要求です。

子どもは大人に付き合わされているわけだから、むしろごめんね~と心では謝意。

 

人生大切なのは『思いやりのチカラ』だと感じています。

このチカラはこの世のすべてに貫徹していくのではないでしょうか。

そのような思いやりのチカラを高める修行が、自身の身体の健康、家庭、接する人々や仕事、社会、自然などすべてにおいて存在していると思います。

 

例えば運動だって思いやりのチカラで上達します。体が動かされやすいように上手に使うことがスムーズに上達するコツになります。食べ物だって身体が吸収しやすいように「よく噛んで食べる」、そんな当たり前のようなことが話題の健康法になったりするわけで・・・。

いかに自分がすべてに対して『思いやる視点をもつ』ことを忘れているかを、思い知る前に気がつけば痛い思い、嫌な思いはしなくて済みますからね。

 

だからこそ、

この世のすべてを思いやりの視点で観ていく、すると、表面的には厳しい体験だったり嫌な経験かもしれないが、そのなかでも隠された愛情を垣間見ることがあります。

そこで生まれる感謝こそが、実は人間の本質的なストレス解消と運気の向上につながるのです。

この話はまたいつかしていきたいですね♪

 

さてさて!!めちゃめちゃ話を外してみましたがっ(笑)

その日は朝から国生みの神社、伊弉諾神社に参拝で、ご朱印も賜りました。

伊弉諾神社

昼過ぎには、ぐるぐるうずしおゾーンへ出航♪

正面では反発する波のチカラも、上手くかみ合えば・・・ぐるぐる渦巻きとなり周りを巻き込みます。

ふむふむ。。自然に学ぶ黒ひげパパ

ぐるぐるうずしお

夕方からは、やっとやっと~♪!!楽しみにしていた本場の阿波踊りを学び、本場で阿波踊りを本気で踊りましたさ!!

 

阿波踊り

生きているって、、、

やっぱり、、、生かされている。

 

有難う御座います。つづく