arrow_down bg_bottom
BLOG
ブログ
2016/10/19

奇跡のしあわせ者、『足底筋膜炎』を超越する。

DSC_0726

 

奇跡が・・・続いている・・・

 

あいむ、あらいヴ。はい、私は生きています。ええ、、、生きていますとも。

 

そう。生きてさえいれば、『今』、変えていける。

過去に乗り越えられなかった壁だって、今は超えられるかもしれない、

だからこそ出会いあり、別れあり、再会あり、統合があるのだろう。

常にチャンスが与えられている、すべてを変えていくチャンスが。。

 

再会するにも、訳がある。訳があるからこそ、そこにきっと『幸せ』がある。

 

 

さて、私になにが起きたのでしょうか。(笑)

それが何かと申しますと・・・

 

私が以前修行していた横浜市港南区の職場に来院されていた重い病を抱えた女性がいました。かつて私はその女性の”本当の笑顔”を見ることはありませんでした。

 

その女性はYさん。首に悪い腫瘍ができ、手術による切除後も当時アゴが1センチくらいしか開けられず、食事もほとんどできていなかった。踵もひどく痛めていて、歩行も困難。

気の毒だった。ナントカしてあげたかったけど、その時の俺には無理だった。。。

それは、私が今でも抱えている大変申し訳なかったなぁ、という気持ちです。

 

なななんとっ!!!

外出から帰ってきたばかりの私が受付に座り、ふと外を見た瞬間・・・

そのYさんが目の前にいるではないですか!!!

二人して顔を見合わせて、、、

 

「えぇぇぇーーーーーっ!?」笑

 

なんということか、Yさんは『踵の痛み』が何年も引かず、この近くの日本でも有名なクリニックに通っており、その帰り道、散歩がてらたまたま通りかかったのです!

 

ひょんなところから、お互い近況を話し合い、さらには施術を受けていって下さるとのこと。

まぁ、私はなんと幸せ者なのでしょうか。。

あの頃、どうあがいても笑顔にできなかったYさんにもう一度会うことができた。

これはどう考えてもすべてが奇跡(軌跡)、まだ繋がっていたんだ。。。

まだお互いの希望は残されていたんだ。

 

そこで私は、、、

今ならできる!!今の俺ならYさんを「絶対に笑顔にできる!!」と確信しました。

なぜならば、きっとそのために再会したんだからと信じ、私はYさんを絶対に笑顔にすると決心しました。

 

施術後、半信半疑で立ち上がって、歩き出したYさん・・・

 

「いつも立ち上がって歩き出すと、痛くてこんなふうになるのに、、歩ける!」

私の目の前は、輝いていたのです。Yさんの”あふれる笑顔”が輝いていたんです!!♪

 

Yさんの踵の病名は、足底筋膜炎。

私はかつて、病気を、人を、キチンと診れていなかった。

人のカラダが、本当は何を伝えたいのか受けとれていなかった。

 

『今』なら、受けとれる。

あなたが、カラダが、私に何を伝えていきたいのか。

もう大丈夫。キラン♪

 

 

ブドウ公園

私が、あなたとカラダを変えていくから。

一般社団法人地域創生会 福島総合整復院