arrow_down bg_bottom
BLOG
ブログ
2016/08/22

家族で過ごす、黒ひげパパのボンボンお盆。『お徳島編②』

阿波踊り

さんさんさん!!おてんとさまさま!!

さんさんさん!!ガンガン照りつける!さんさんさん!!

おてんとさまさまSUMMER~♪♪(ウルフルズの曲かな?笑)

 

ということで!

黒ひげパパ一家は、車中泊も毎年恒例なので、今年も淡路島にきて車内で一夜を過ごしました。

 

「当たり前のことを、当たり前にしない」

 

これは言葉に出さないけれど、父親の私が胸に留めている我が家の教訓でもあります。

それは普段できるけど、しないこと、面倒なことを、あえてやってみる。

言い換えれば、わざわざしなくていいことをたまにはやってみる、前もって損をする(笑)ということでもあり、後からそれはお得な体験だったりするわけです。

要するには、人間には必ず慣れがあるからこそ、”前もって”変化を起こすことで普通というありがたさに気がつく機会をつくるということでもあるのです。

 

トイレって、大抵当たり前にいけますよね?

朝起きて、ご飯を食べて、ゴロゴロして、飲み屋にいて、寝る前に、とかね?

車での移動、車中泊、どこにいっても本当にトイレが面倒なんです!!

黒ひげパパ一家は子どもが3人、みんな必ず同じタイミングでトイレに行きたくなるわけじゃない。

そこでトイレにいく大変さや面倒を痛感することで、家にトイレがある有難さがにじみ出てきます。

 

ところで、

小さい子どもはすぐに・・・「おしっこしたーい」と言い出します。

 

そこで私は・・・「またかよ~」「またかよー」、「なんでさっき一緒にしなかったの?!」と言ってしまうわけです。しかしそれは完全なる大人の勝手都合、子どもにとってはあまりに無理やりな要求です。

子どもは大人に付き合わされているわけだから、むしろごめんね~と心では謝意。

 

人生大切なのは『思いやりのチカラ』だと感じています。

このチカラはこの世のすべてに貫徹していくのではないでしょうか。

そのような思いやりのチカラを高める修行が、自身の身体の健康、家庭、接する人々や仕事、社会、自然などすべてにおいて存在していると思います。

 

例えば運動だって思いやりのチカラで上達します。体が動かされやすいように上手に使うことがスムーズに上達するコツになります。食べ物だって身体が吸収しやすいように「よく噛んで食べる」、そんな当たり前のようなことが話題の健康法になったりするわけで・・・。

いかに自分がすべてに対して『思いやる視点をもつ』ことを忘れているかを、思い知る前に気がつけば痛い思い、嫌な思いはしなくて済みますからね。

 

だからこそ、

この世のすべてを思いやりの視点で観ていく、すると、表面的には厳しい体験だったり嫌な経験かもしれないが、そのなかでも隠された愛情を垣間見ることがあります。

そこで生まれる感謝こそが、実は人間の本質的なストレス解消と運気の向上につながるのです。

この話はまたいつかしていきたいですね♪

 

さてさて!!めちゃめちゃ話を外してみましたがっ(笑)

その日は朝から国生みの神社、伊弉諾神社に参拝で、ご朱印も賜りました。

伊弉諾神社

昼過ぎには、ぐるぐるうずしおゾーンへ出航♪

正面では反発する波のチカラも、上手くかみ合えば・・・ぐるぐる渦巻きとなり周りを巻き込みます。

ふむふむ。。自然に学ぶ黒ひげパパ

ぐるぐるうずしお

夕方からは、やっとやっと~♪!!楽しみにしていた本場の阿波踊りを学び、本場で阿波踊りを本気で踊りましたさ!!

 

阿波踊り

生きているって、、、

やっぱり、、、生かされている。

 

有難う御座います。つづく

 

 

2016/08/20

家族で過ごす、黒ひげパパのボンボンお盆。『お徳島編①』

1471658602619

施術ネタばかりだとただの整体ヲタクになってしまうので、、、

今回はお休みをいただいて家族で過ごした時間をのせたいな♪と思いました。

 

まぁ、本当の『健康』ってカラダだけじゃなくて、家庭・生活環境や社会環境もすごく大事だから、大切な家族や身近な人々、ご縁のある方々との調和も重んじて生きたいね!

 

毎年のように夏休みは・・・黒ひげ家恒例の神社参拝。

どうしてかって、私は神社に参拝すると心身がすっきり、妻はスタンプラリー的な感覚でご朱印を集めるのが趣味。そこでお互い旅をしながら趣味を楽しめるという、そんな恒例の行事なのです♪

行き着く場で、子どもたちと、その環境をめいっぱい満喫しながら過ごすこと。

 

実はそれが一番の『みんなの健康と幸せ』なんだとも感じてます!

健康という幸せは、個人のだけのためならず、みんなのためでもあり、みんなと”共に”あるものだと私は信じています。

そう。幸せ+ワンネス=幸んねす、ですね!

 

最初の目的地は徳島県市街、愛する家族と一緒に、大好きな阿波踊りをそのご当地で楽しみたい!!

その一心で発進しました。

 

出発はいつも真夜中。いつもスイスイです。しかし、、、

なんということか、12時過ぎくらいに出たのに高速乗る前にすでに渋滞(笑)

そりゃあみんなが渋滞を避けようとして、みんなが夜中に出れば、みんなで渋滞をつくっちゃうよね!爆

朝には到着予定だったはず。でも着いたのは昼過ぎの「なんでやねん三時やねん!!」

 

この度私は痛感しました。福島は、たった”一文字”しか違わない徳島にいくのも容易じゃないと・・・

急きょ予定変更で手前の『淡路島』を堪能することに。

 

夕方前に海入りました。

子どもが大喜びでなにより。その笑顔がすべての救いでございまし!つづく・・・

 

1471658524970

 

 

 

2016/08/04

精神薬とタバコとアルコールと精神科医に依存する民

精神薬医存

 

「明日、長津田の精神病院に行き、穴(ケツ)に注射打ってもらいます。なかなか、利きますよ。興味あれば、紹介致しますよ。」

 

 

これは先日FB上に投稿された内容で、私が大切に思っている後輩が記したものです。その彼は普段から、酒は長寿の薬だといい毎日のように昼間から飲酒し、タバコはやめたらストレスと言いながら継続し、7年前から母親に連れられて精神科に通っています。

 

先日その彼と直接会って話しました。

そこで私が今まで観てきた精神薬依存の方々の状態とその後、精神薬と言われるクスリの正体、体内でアルコールやタバコと精神薬が合わさる未知なる危険を私の経験から話しました。

 

そして彼はこう言ったのです。

 

「もう精神科に行くのはやめる、薬をやめる」と僕に言ってきました。

 

しかし、序文の通り彼がFB上で放った言葉。

厳しくもこれが現実です。

 

精神薬は、人格や理性を破壊します。

その人間の心を破滅へと誘います。

 

そう、違法となっている『麻薬覚醒剤常用者』とほとんど同じような経過をたどっていきます。

自分ではもはや¨薬¨の作用をコントロールできずに「クスリと精神科医の言葉」に支配されていきます。

 

さらには身体的精神的な苦しみを増大させながら、身近なアルコールやタバコへの執着を加速させます。

それは強烈な依存状態と禁断症状を繰り返しながら「自分」という存在を破壊していくことになります。

 

精神薬、

クスリとは、本当にこわいものです。

 

 

その一言につきます。

2016/07/23

黒ひげパパの一人の自由な2ちゃん『膝トースト』

keyword 膝、変形性膝関節症、薬、曲がりにくい、トースト

 

黒ひげパパの【おばあちゃんの膝】に関する自由な思いつきを一人多重人格で気ままにあげた「レス風」文書です♪

あまりにもくだらないので暇つぶしさえ見つからない時にでもどうぞ。

 

@84歳のばあさんで膝が痛いけどなにか?曲がりにくいわよ。

 

*ちょっと心配だし。()

*熟女越えキターーーーーーーーー

*おばあちゃん♪大丈夫ですか?

@最近孫に教わって、2ちゃんデブーーよ!結構痛いよ。

*デブーーWWWWW

*爆!!!膝痛いわけだ

クロ:おばあちゃん、「デビュー」はBYU-で変換だよ! ちなみにどっち膝が痛いの?

*↑クロ親切だなw気づいちゃった感じねww

 

@クロ様、ご親切にして頂きまして誠に有難う御座います。両膝です。

*爆www2ちゃんにおばあちゃん来るとすげえ違和感()ジワジワ・・・

*2ちゃんにおばあちゃんw滝汗

クロ:おばあちゃん、痛くなってどれぐらい経つんですか?

*ヤバいヤバいw本気なやつになってる。

*ここじゃなくてよくないか??医者いきなよ笑っ

*・・・・・ww・・・・・おばあちゃん??

*おばあちゃん、消えた?ww大変だ。膝が痛い84歳のおばあちゃん消えたぞ

*おばーーーーーーちゃーーーーーん!!!!

*クリリーーーーーン!!!みたいのやめろし。笑

*釣りか?。。。。まさか釣りなのか!????www・・・

 

@膝は痛くなってから20年経つよ。最初に左膝、10年前から右膝も痛くなったのよ。昔は膝に水が溜まって整形外科で抜いてもらったり、接骨院でマッサージしてもらって楽になるから、治ると思って頑張って毎日通っているよ。

膝は曲がったままになっていて、階段はつらわよ。最近はまたヒアルロン酸がいいわよって聞いてそれをしてるけど、効いているんだか、効いていないんだか分からないわよ。

クロ:それは効いてないんだよ ボソッ

*おばあちゃんキターーーーーーーーーーーーーーーーーーwww

*長いな笑

*wwwwwwwwww頑張ってタイピングしてた。涙

*つらわよwwきっと・・・・つらいわよ。な?

@そうよ。階段がつらいのよ。

 

クロ:おばあちゃん、きっと整形外科で『変形性膝関節症』って言われているんだね。

ちなみに昔は膝の水を抜くってやってたんだけど、あれ膝の健康に必要なものね!

何度もなんども抜くと膝の軟骨がかえってこわれちゃうよ。接骨院に頑張って通ってもそもそも何が問題なのかを食べ物や生活習慣などからみないと痛みはなかなかひかないよ!

*やべーー、俺も怪我して注射で一度抜いたことあるわ・・・

クロ:外傷では程度によって医師の判断で必要なときに抜くときあるけど、そういう大ケガと、慢性的なものは原因や誘因が違うからね。

 

@そうだね。変形しているから、そのうち手術は必要かもしれないって。

注射をしながら様子をみてくれているよ。

 

クロ:おばあちゃん、ヒアルロン酸の注射は効かないからアメリカの学会でもとっくに推奨されてないよ。

*注射か~~。おばあちゃんの膝かわいそうや・・入れたり。。出したり。。。。

*ちょっとへんなこというなよ爆www↑↑

*勝手に下ネタにすんなや!心配したんだわ。

 

@みんなアタシの心配してくれて有難いよ。でもアタシは何が何だかわかんないよ。

 

*いや!!そこ分かろうよwww

クロ:おばあちゃん何が何だか分からないとダメだよ。ちなみに変形性膝関節症などの慢性炎症を起こすような人は、「薬をたくさん飲んでいたり」、パンを毎日のように頻繁に食べていたりする人が多いよ。

 

@アタシ15年前からお茶碗一杯分ぐらいのお薬のんでたわよ。アタシこんなに飲むの~~って言ったけど、お医者さんが病気がひどくならないためにって。今は二つだけになってるから。20年前に主人が亡くなってからずっと毎朝ピザトーストよ。うるさい人いないからさ。

 

*お茶碗一杯分wwwww追加でピザトーストwwwwwww

*逆に死なない方が不思議。。。笑笑笑

*よく飲めるな・・ww

*たしかにパンって楽だよな。俺も最近『小麦は良くない』って聞いたことある。

クロ:おばあちゃん、とりあえず朝はトーストに代えて簡単にお味噌汁とか、無理なく始めてみてよ!!痛くなくなるといいね。応援してるよ!!

たまには食べたくなったらパンも食べてさ!

*膝トーストに代えて・・・神の味噌汁

クロ:きみは何者だ!!??↑

 

@主人がいたときは毎朝お味噌汁だったわよ。

そうしてみるといいのよね。わかたわ。ありがとね。

 

 

 

 

あなたとカラダを変えていく。

福島総合整復院

2016/07/22

黒ひげパパの一人の自由な2ちゃん 『肩こり』

keyword 肩こり、頭痛、薬、原因、病院、吐き気、枕

 

黒ひげパパの【肩こり】に関する自由な思いつきを一人多重人格で気ままにあげた「レス風」文書です♪

あまりにもくだらないので暇つぶしさえ見つからない時にでもどうぞ。

 

 

@肩こりで頭痛がひどい。。。吐き気もする。誰か良い方法を教えてくれないか?

 

*それって肩こりじゃなくて、普通に二日酔いじゃね?!

@酒飲まない。。

*私も肩こりがひどい時同じような状態になった経験あります。薬飲みます。

@薬を飲んでも、最近効かなくなってきた。

*揉んでもダメなんか???

@一度自分で揉んだら首が動かなくなったんだ。それから触らないようにしている。

*揉んで治るとかそういえばあんまり聞いたことないなぁ、、ひとまずなんか安心するけどなwww

@整体も接骨院もマッサージ屋も行ったけど、、、すぐこの状態に戻る。。

*肩の筋肉がコリコリしているんだね♪ゆっくりお風呂に入ればいいじゃないか、疲れているんだろう。

@たしかに疲労感は半端ない、風呂に入ってゆっくりしてもダメなときはダメなんだ。。

*つーか、肩こりごときでそんなになるもんか?違う病気じゃね!?病院いったのか??

@病院に行ったらとにかく筋肉が異常に固いと・・原因は聞いてないな。薬だけ出された。

鎮痛剤を飲んでいたが胃が半端なく痛くなるからやめてしまったんだ。

 

*俺も肩こる。肩こりに効くストレッチってあるけど結局どれがいいのか分からないぞ。

@俺はこれでもいろいろ試してはきたんだ。。結局のところ効果は一時的だ。

*俺は生涯肩こり知らぬ。。すまぬ!ちなみに原因はなんなんだろね?

@ストレス的なことは言われた。原因はいまいちよくわからん。先生もいまいちな感じだったな。

 

*原因きけし!!(笑)薬のめし!!

*私は同じではないと思いますが、同様の症状で「ストレートネック」だからと言われました。

薬も調べたら精神薬みたいなものだったので、それから怖くて飲んでません。

*↑精神薬?こわっwなんで肩こりに精神薬なんだよwww爆

肩こりに精神薬を処方するこの国の終わりは近い…日本の民よ、先人が嘆いているぞ

*ステロイド~筋弛緩薬~薬物中毒~薬は『毒』だ。ここぞの時に必要な場合もあるだろうけどな。乙っ!!

 

@本当に辛い。マジでこれからどうすればいいのかわかんないわ。

クロ:肩こりってそもそも『症状』だから、今のカラダの状態がどのようになっているかが肝心だと思いますよ。

なんらかの要因で血流が悪くなって症状が出ているのでしょうから、肩こりは肩以外の頭や背中や腹部など、精神心理状態からも状況をみて具合の悪いところを網羅していかないと解消は難しいかもですね。

*クロ真面目だな、それは言える。

*オレ様はつらい時はアンメル○派だ。

*アリナミ○とか、QPコー○ゴールドとかどうなの?ww

*そういや最近QPコー○ゴールドのCM見ないな(笑)うちの母ちゃんひそかに飲み続けてるし爆♪

クロ:肩こりは基本的に揉んでも治らないものがほとんどですが、良くなるものも一部あります。むしろ首周りを揉んでしまうと危険なものもありますから、要注意ですね。

*クロ乙!俺の母ちゃんの肩こりもなんとかしてやってくれ!!

 

@枕を高額なものに変えて、最初なんとなくいいと思ったけどダメでした。

*www枕は臭くなったら変える派に一票。w

クロ:どんな枕にしても変わっているのは自分のカラダですから。枕が合わない=カラダが枕に合わせられない、だと思います。

*↑そっか!たしかにクロの言う通りやな。

*枕じゃなくてもタオルをたたんでそん時あうものでええっちゅうの聞いたことあるで!

クロ:まずはセカンドオピニオンということで違う医師、または専門医を探して精密検査などして、肩こりに潜む病気がないかの診断が大事だと思います。基本的に毎日の生活がカラダを作っていきますよね。

*最近TVで肩こりには筋膜リリース?どうこうってやってたぞ。マジビビったー!

*ああゆうの、知ってる人は昔から知ってんだよな。ビビる人間ほど無知なのかもしれないぞ笑

クロ:筋膜がなぜ硬くなるのかも生活習慣からみていくと理想的な改善方法が見つかるかもしれませんね。

 

@そうか、ちょっと怖くなってきたけどキチンと診てもらおう。生活習慣は最悪だな。。

毎日パソコンに向かって昼休みはコンビニ飯、上司も腹立つ。心もカラダもぼろぼろだ。

 

クロ:そのような生活習慣が肩こりを作っているとしたら、、少しでも変えれそうなところからナントカできると良いですね。

痛みや吐き気などの不調は少なくとも『自分で作るもの』ですから、リスクなく調整できるいろんな方法があります。

*クロはなにものなんだ?(笑)↑↑ちょっと興味あるぞww

*クロのリスクなく調整できる方法に期待

 

@とりあえず専門医を探してみます。有難うございます。

 

 

キチガイ並みの一人芝居でごめんなさい(笑)

 

 

 

あなたとカラダを変えていく。

福島総合整復院

 

 

2016/07/12

四十肩と五十肩について語る日。

四十肩、五十肩を語る日。

 

 

 

 

今日は巷で騒がれている奇病!?四十肩、または五十肩について語らせていただきます。

 

 

・四十肩、五十肩の方々の悩み

 

この症状、病態に悩まされる方々はさぞかしお辛いことでしょう。腕が上がらないなんて大変ご不便なことです。なかには、あまりにも強い痛みによって夜も寝むれない方々もおられるのではないでしょうか。

 

『痛み』というものは、人にはなかなか伝わりにくいものです。それでも、夜も「寝れないくらい痛む方」におかれましては見るからに痛みの強さが伝わってきます。

 

ちょっと動かすだけでも…「いてっ!いてててて!」というように、顔を強くしかめては、ナントカ動作を試みるという痛々しいご様子を目の当たりにした時は、こちらも非常に気の毒になります。そのような方々を思い、私の施術経験が少しでもどなたかのためになればと祈ります。

 

 

・四十肩、五十肩の原因と誘因と結果

 

患者さんの口からお聞きした内容からすると、、、

 

町医者さんは「肩が痛くて腕が挙げられない」または「腕が上がらなくなった状態」に対して四十肩、五十肩と名付けているようです。

 

正式には肩関節周囲炎という病態ですが、厳密には『器質的な損傷を認めない肩関節周囲炎で、肩の動きが制限されるもの』だと以前ドクターに伺ったことがあります。

 

簡潔には、肩の関節周りの素材が目で確認できないくらいの傷ついたり、腫れ上がったりしている状態なのでしょう。まあ、これらはあくまでも肩で起きている問題の『結果』を示すことですよね!

 

そこで私はこれらの『原因』につきまして、自らの経験に学ぶ独自見解をお伝えしたいと思います。

 

原因を一言で云うならば、、、『人それぞれ』です。

 

ただ痛みの強いものについては、生活習慣にくわえて精神面と関連していることは間違いないと感じています。これは一般的に言われる¨精神ストレス¨というものですね。

生活習慣からみても、炎症を増悪させるような喫煙や飲酒、食習慣、さらには長期にわたる薬の服用もからんでいると個人的には感じています。

 

じゃあ『誘因』はなにか??

という話になってきますが…

誘因はほとんどが¨動作¨によるものでしょう。

 

「腕を動かした時」

多くのケースはこれに当たります。

 

このように、原因と誘因、結果(今の状態)をきちんと把握していないと、的確な対処はできません。

なぜならば、世間一般ではほとんどのケースにおいて決まった対処法しかされていない実情があります。

 

これはどういう意味かと言うと…

整形外科では鎮痛剤や運動療法、接骨院・整骨院では電気や運動療法、マッサージなど物理的なことがメインになるので「痛み」と、「肩が動かない」ことの対処となり、肝心な『四十肩、五十肩の正体』を暴いた訳ではないのです。

 

つまりは、その正体、すなわち四十肩、五十肩の本当の原因と実体を把握できなければスムーズな問題解消にはいたりません。

 

 

・四十肩、五十肩はどうしたら治るのか?

 

これは一言では、

自分の治し方を知ることです!キリッ

 

はぁっ??!!

 

という声が聴こえてきそうですが…

文中でお伝えした通り、原因が人それぞれだからなのです。

 

あまりにも分かりづらいので(笑)、

いくつか例を挙げます。

 

偏った食習慣を直す!

自分の精神状態を煙に巻くような喫煙をなくす!

自身の感情を¨よい形¨で表に出す!

やれば出来るという自信を取り戻す!

気持ちよく運動できる心身状態になる!

 

四十肩、五十肩解消の基本はこんな感じです♪

みなさまのお悩み事のご質問、ご相談は「問い合わせ」からどうぞ。

 

あなたとカラダを変えていく。

福島総合整復院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大和市で確かな整体・接骨院での施術を提供している当院のブログです

当院は、大和市南林間にて整復院として営業を行っております。訪れる患者様一人一人に合った確かな施術を行っておりますので、他の整体・接骨院で体の不調が改善しなかった方等にもお勧めです。肩こりや腰痛、めまい、便秘などの症状の他、カラダのだるさや重さなど、健康に関する悩みや不調がある方はどうぞお気軽にお越し下さい。
施術中は行っている施術の内容の説明や、体の不調の原因等を詳しくご説明しながら行います。整体につきまして不安な点がございましたら、その場で遠慮なくお申し出下さい。
福島総合整復院ではブログを配信しております。お得なキャンペーンの情報や新しいサービスを開始した時のお知らせ、そして院長の日常生活や大和市の当整復院の雰囲気なども随時掲載しております。ご興味のある方は、是非ご覧下さい。